【あきまおのたび】青森・三金寿司にていただく鮨

弘前城から戻ったあきまおは、ほろ酔いで三金寿司さんを訪れました。

r.gnavi.co.jp

 

大将のお話によると、元々修行されていた横浜・三金寿司さんの暖簾わけだそう。

野辺地出身の大将が、コロナのため、現在はお一人で営まれています。

ですので、突然訪れてもお断りされるケースがあります。

 

駅から近い三金寿司さんは、このような外観です。

f:id:akimao:20201013091931j:image

 

シードルでアルコールのベースはできていたあきまおは、席につくなり、日本酒をお願いしました。

田酒と豊盃、、、あと何だっけ、、、を飲みました。
f:id:akimao:20201013091922j:image

 

お通しは、ホタルイカの沖漬け。

日本酒にとてもマッチしていて美味しかったです。
f:id:akimao:20201013091925j:image

 

まずは、刺身の盛り合わせをお願いしました。

まぐろのあかみ、ブリ、サーモン、たこ、そしてほたて。

ほたての真ん中にノリが挟んでありました。

これがアクセントとなっており、とても美味しかったです。
f:id:akimao:20201013091934j:image

 

玉子焼き。

お寿司屋さんの玉子焼きって、ほんと美味しいですよね。
f:id:akimao:20201013091916j:image

 

穴子のつまみ。

これで1650円。安すぎませんか?

当然ですが、美味しかったです。
f:id:akimao:20201013091919j:image

 

最後にお寿司をいただきました。

大トロ、ヒラメ、ほたて、そしてウニです。

いずれも青森県産のもので、新鮮さは間違いありません。

ウニはミョウバンにつけていないもので、とても甘く最高に美味しかったです。

まおは、お代わりしようとしていました笑
f:id:akimao:20201013091928j:image