【あきまおのたび】讃岐うどんをハシゴした夏

大阪で目覚めた朝、カーシェアに乗り込んで出発です。

目指す目的地は、讃岐うどんで有名な高松市!

阪神高速、明石海峡大橋を乗り継いで、鳴門海峡大橋へ。

鳴門海峡大橋を走行中、左下に渦潮を見ることができました。

シーズン的なもの?なのか、普通にすぐ見つけることができ、感動です。

 

さて、讃岐うどんをいただきます。

一軒目は、うどん本陣 山田屋 本店です。

r.gnavi.co.jp

 

まおは釜揚げうどん(卵付き)、あきはぶっかけうどんをいただきました。

釜揚げうどんは、全体的に柔らい食感でありつつ、博多うどんのようなふにゃふにゃしたようなものではありませんでした。

一方、ぶっかけうどんは冷やでコシのある美味しいものでした。

ザ・讃岐うどんという感じのイメージ通りのものでした。

 

 

さて、満足したあきまおは次のうどん屋さんを探します。

手打十段うどん バカ一代を目指しました。

が、車で到着した時には、なが〜〜〜〜〜い行列が。。。

あまりに長い行列だったので、諦めて別のお店を探すことに。

手打十段うどんバカ一代
〒760-0063 香川県高松市多賀町1-6-7
400円(平均)400円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

 

そして訪れたのは、竹清さん。

県庁などの近くですね。

お店の東側と西側にお店の駐車場がありますが、それぞれ4台ほどしか止められないので、コインパーキングを使用しました。

東側のコインパーキングは、30分200円ほどでした。

r.gnavi.co.jp

 

こちらはセルフうどんになっていて、入店してすぐ天ぷらをオーダーし、レジでいただくうどんのサイズを決めるという流れです。

天ぷらは、半熟たまごとちくわがありました。あきまおは当然、両方オーダーしました。

うどんは、半玉、1玉からあり、あきまおはそれぞれ半玉にしたのですが、もう少し余裕で食べられましたね。

なお、うどんは、冷やで麺つゆをかけていただくか、温かいかけにしていただくことができます。

あきまおは、どちらも温かいかけにしました。

かけを作る際は、麺を温める鍋に10秒ほど投入し、だしをかけるという簡単なもの。

おねぎや天かす、その他薬味などのコーナーもあり、自分だけのオリジナルうどんを作ることができます。

 

本当はもっとうどんをハシゴしたかったのですが、流石にこれにて糸冬 了..._φ(゚∀゚ )アヒャ。

次回は高松に泊まって、朝、昼、晩とハシゴしたいものです。

 

うどんの写真などは、Instagramでご覧ください☆

https://www.instagram.com/p/CFUfTt7ltiD/

高松でうどんランチのハシゴ。山田屋さんと竹清さん。どちらも美味しかった☺️#あきまおごはん #讃岐うどん #山田屋本店 #竹清